ぼくたちに出来る事

bdnkwecan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:冒険体験・視察・研修( 30 )

英進館大自然塾10月 サバイバルdayキャンプ

10月19日(日)に英進館の大自然塾が行われました。
サバイバルdayキャンプということもあり
たくさんのお友達が参加してくれました。

目標として
①マッチだけで火をつけるチャレンジを試みること
②火がつきやすそうな焚き木の材料を、自分たちの手で山から拾ってきて
 みんなで火をたくこと
③焚いた火で4合の飯ごう炊爨を炊き上げること
どれもふだんはできない体験ですね。
チームで協力してなしとげましょう!

まずは
今日初めてチームを組むみんなで
ココロを合わせるゲームをし
チームの結束力を固めました
「九州ぼうけん王」主宰の大西さんによる
防災に役に立つチームワーク作りを行い
ベレー隊長と一緒に火の特性や防災についても
学習しました。

f0224320_15502219.jpg


火を起こすチャレンジは
一人ひとり全員がマッチで火をつけました。
中には人生初の経験だった子も!

炊いたご飯で昼食をとります。
炊飯器のご飯と味を比べました。
また食後は
火はつけるだけでなく安全に消す作業も行いました。

火が消えたのを確認して
梅野みかん園で
旬であるみかん狩りを行いました。
ビタミンCをたっぷりとったので
風邪を予防できるかな?

f0224320_13385038.jpg


みなさん、とってもがんばりました。
次にほっこり農園にみんながやってくるのは12月!
又お会い致しましょう!!
[PR]
by bdnk_wecan | 2014-10-31 16:05 | 冒険体験・視察・研修

夏休みの楽しみ方 PART1

夏休みも半分が終わりました。
まだまだ暑い日が続きますが、みなさま、体調にくれぐれもお気をつけくださいね。

でも、ほっこり農園にご来園下さるみなさんは元気いっぱい!!
チョークでお絵かき!!
f0224320_11321864.jpg

おおー!偶然にも外国の方との出会いもありました。
f0224320_1134410.jpg

ツリーハウスも大人気です!
f0224320_11364284.jpg

誰が一番、長く座っていられるかな??
f0224320_11375511.jpg

みんな、おのおの、遊びを学んでいるようです!
[PR]
by bdnk_wecan | 2013-08-12 11:41 | 冒険体験・視察・研修

ベーシックツリークライマー講習会

先月の22日と23日でツリークライミングジャパンのベーシックツリークライマー講習会が行われました。
f0224320_15472113.jpg


TCJ(ツリークライミングジャパン)とは、なんぞや??「TCJとはレクレーショナルツリークライミングを行う日本の団体で、世界中で安全な木登りを行っているTCI(ツリークライマーズインターナショナル)に認められた日本で唯一の団体です。」

もう少し端的にお話しすると「日本国内で安全な木登り体験を提供できる団体」です。

2日間の講習で、自身で安全にツリークライミングを行えるようになるための技術や知識を学びました。
f0224320_1632896.jpg

安全にクライミングするトレーニング中♪
f0224320_164615.jpg

f0224320_1642652.jpg

自分でロープのセッティングを行ってからのクライミングです。
自分で行うと、体験するときの気持ちも随分変わります☆
f0224320_164455.jpg


無事、2日間の講習が終了しました。
f0224320_165227.jpg

講習会を開催し、これまで以上に木登りを楽しんでいただける機会が増えると思います。

みなさんもお楽しみに♪
[PR]
by bdnk_wecan | 2013-07-03 08:00 | 冒険体験・視察・研修

2年ぶりに開催します、ツリークライミング講習会!!

今月22日~23日でベーシックツリークライマー講習会を開催いたします。


冒険の森にある樹に登ります。木漏れ日がとても印象的な森です。
f0224320_11372793.jpg

少し暗くて見にくいですが、みなさん登っています♪
f0224320_11381441.jpg

ツリークライミングのテクニックを覚えているところです。
f0224320_11384916.jpg

前回の参加者の皆さんです。16歳以上であれば老若男女といません。
f0224320_11391162.jpg



f0224320_1121371.jpg

f0224320_11211880.jpg

興味のある方は、ほっこり農園までお気軽にお問い合わせ下さい。


ツリークライミングについては、こちらの公式HPをご覧下さい。
http://www.treeclimbingjapan.org
[PR]
by bdnk_wecan | 2013-06-09 11:46 | 冒険体験・視察・研修

基地づくりだー!!

今日はとってもにぎやかな一日でした。
わが町岡垣からは吉木学童のみんなが冒険の森にて竹の基地づくりに挑戦!!
f0224320_1724683.jpg

だんごむしもたくさん。
f0224320_17243598.jpg

あれ、うさぎさんが・・・。
f0224320_17245955.jpg

すごい!!うさぎさんの基地までできてる003.gif
f0224320_17265957.jpg
f0224320_17275883.jpg

完成!!
f0224320_17295614.jpg
f0224320_1730494.jpg

f0224320_1737648.jpg

お昼はみんなで作った基地でカレーを食べたよ!!
f0224320_17373610.jpg
f0224320_17375813.jpg
f0224320_17381513.jpg

みんなで頑張ったあとのごはんはとってもおいしかったね!
[PR]
by bdnk_wecan | 2013-05-25 17:44 | 冒険体験・視察・研修

安心と不安

4月の3・4日で社会福祉法人様の新入社員研修が行われました。
f0224320_11365550.jpg

この写真は、C(コンフォート)ゾーンと言うアクティビティを行っているところです。

輪になって、安心と不安に関する質問を行い、質問の内容に不安を感じる人は輪の遠くへ、逆に安心して行える人は輪の中心に集まってもらうと言うものです。人前で話をする事、初対面の人と手をつなぐこと、人前で歌を唄うことなどの質問をしました。

これは、グループメンバーの安心と不安の度合いを共有することで、安心を構築できるグループづくりを行うことをねらいとしています。

冒険教育では、安心と成長は密接に関係をしていると考えられています。

安心とは、安全であり、慣れていて、既知であり、予期できる、楽な領域であると言えます。
その外の領域は逆に、不慣れで予期、予測できない未知で可能性をもった領域であると言えます。

この可能性の領域では、不安やストレスを感じますが、それを乗り越え成功体験をしたときに新しい自分に出会うことができます。

冒険教育のプログラムではCゾーンの突破を肯定的に促しています。
[PR]
by bdnk_wecan | 2013-04-05 15:00 | 冒険体験・視察・研修

他人との協力

「他人との協力はなぜ必要なんだろう?」
子どもの頃に、そんなことを思ったことがあります。

それは、協力によって得られるものがあるからではないでしょうか。他人との協力で得られるものには、新たな人間関係や組織力などがよく取り上げられますが、ここでは「発見」について取り上げてみます。

冒険教育の分野では、よく「ジョハリの窓を広げてみよう」とお話しすることがあります。インターネットなどで「ジョハリの窓」と検索すれば詳しい説明がなされていますが、簡単に言えば、自己開示とフィードバックによって自分の可能性を広げられるといった考え方です。下に簡単な説明図を入れていますので見てください。
f0224320_14773.jpg


図のように、未知のフィールドを開放の状態に変化させることで、発見を生み出しています。
この発見は、一人では絶対に成り立ちません。チームビルディングを行う面白さの1つでもあります。
[PR]
by bdnk_wecan | 2013-03-30 13:56 | 冒険体験・視察・研修

僕にとっての冒険

僕にとっての冒険は、小学校に上がる前、実家にある山を一人で探検したことでした。

実家が農家であったため、家にいるときはいつも、父が作業している側で遊んでいました。当時の父はよく山でも作業をしており、山に入っていくためのモノレールに乗せてもらうのが何よりの楽しみでした。

モノレールは決められたレールの上を進むので、いつもレールのない向こう側には何があるのだろうと思っていました。

ある日、僕は一人でレールのない「向こう側」へ探検に出かけました。その時のドキドキとワクワクは
今でも忘れません。まるで、未開のジャングルを探検しているようで見るもの全てが新しい発見であると共に、こんなに奥まで入って無事に帰れるだろうか?という不安を感じていました。

皆さんにも、子どもの頃に感じたドキドキワクワクがありますよね。大人になってこのドキドキワクワクは少なくなって来ましたが、皆さんはどうでしょうか?
冒険教育の世界では、この「一歩」を踏み出すことをとても大切にしておりチャレンジと呼んでいます。大きさは問題ではなく、その時に生まれた「変化」に焦点をあてています。

大人になってドキドキワクワクが減ってたのは、日々の変化を避けるという人間の防衛本能がチャレンジの機会を減らしていると考えられます。

では、どうやってこの人間の防衛本能を緩めればいいのでしょうか。

f0224320_1036899.jpg

[PR]
by bdnk_wecan | 2013-03-23 15:00 | 冒険体験・視察・研修

新規就農応援隊!NPO法人阿蘇エコファーマーズセンター様

新規就農応援隊!

NPO法人阿蘇エコファーマーズセンター様が

ご来園されました。

芦屋のあたか農園の安髙さん

中村社長

弊社の社長の小役丸とディスカッションを行いました。

f0224320_1713056.jpg


スタッフの皆様と研修生様

熱心にご視察。

元気な熊本!を魅せていただきました。

お互いにがんばって農業を広めていきましょう!

私たちもがんばります!

f0224320_1643877.jpg

[PR]
by bdnk_wecan | 2013-02-22 16:32 | 冒険体験・視察・研修

MFA(メディック・ファースト・エイド)研修受けてきました

3%


これは、日本での救命率です。

もし、心臓が止まってしまったら

たとえ救急車を呼んで素早く病院に運んだとしても助かる確率は

たった3%

救命率が低いのは、救急隊が到着するまでに

CPR(心肺蘇生法)を受けられないことが多いからだそうです。

6分

これは、日本で119番通報をしてから救急車が到着するまでの平均時間です。

これを救急救命の現場では

≪魔の6分間≫

とよんでいるそうです。

いつ・・・どこで・・誰におこるかわからない非常事態・・・。

その時が来ないほうがよいのですが

来た時のことを考え、

今回より専門的なMFAの研修を受けに行ってまいりました。

f0224320_12141518.jpg


この研修は、消防でも日赤でも同じような内容で行われています。

どうぞ、機会がありましたらチャレンジされてみてください。

AEDは公民館や役場・・公共施設のほか

ほっこり農園にも常設しております。

どこに何があるか・・・を知らせるのも

研修の役割だと思います。


この6分間の間に

私にできること・・・


それを考えるきっかけになりましたら幸いです。
[PR]
by bdnk_wecan | 2013-01-21 11:55 | 冒険体験・視察・研修