ぼくたちに出来る事

bdnkwecan.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

TFTの日

こんにちは、マッキーです
今日は、済生会八幡総合病院へ応援に来ています。

今日は、病院のレストランで行っているTFTの日です。TFT(table for two)とは「1食を2人で分ける」という意味で、食事を1回することで20円を発展途上国に寄付する活動です。
発展途上国では20円で1食、食事することができます。

今までで、最多のお客様にご利用いただきました。
ありがとうございます。
皆さん寄付への関心が高いんだなぁと思いました。
f0224320_15513776.jpg

食堂の窓の外では夏野菜のガーデン菜園をしています。
9Fの風が強い中、元気に野菜たちが育っています058.gif

f0224320_15583497.jpgf0224320_1559257.jpgf0224320_160350.jpg

とれた野菜たちは、皆さんの食事に登場することがありますので、お楽しみに!!

ぶどうの樹では6月23日にいただいた病院の一次発酵の生ゴミが、8月24日に元気な堆肥に生まれ変わりました038.gif

美味しい野菜と食べて
みんな元気!元気!白石さんも元気いっぱい

マッキーでした
[PR]
by bdnk_wecan | 2010-08-23 17:00 | 冒険体験・視察・研修

経済産業省 直嶋大臣が来園されました

なんと、経済産業省の直嶋大臣が私どもスローリゾートぶどうの樹の園内視察と昼食懇談会(野ノ庵にて)を行いました。

九州経済産業局長、地域経済審議官、地方調整室長などの皆様と一緒に警備の方々もいらっしゃって、12名程のお客様でした。
f0224320_15442282.jpg

当日は、ぶどうの樹社長の小役丸が案内をさせていただきました。
私、奥本も同席させていただきました。

規格外野菜を使ってのレストランでの料理づくりの話や加工品にして販売する農商工連携の取り組みなど、地産地消のお野菜料理を食べながら、にこやかにお食事されました。
f0224320_15454480.jpg

日本の経済産業の舵をとるトップの方々と直にお会いできて本当に勉強になる時間でした。
f0224320_15463332.jpg

感激しました。

日本のリーダーの皆様、暑い夏、どうぞご自愛されてください。

感謝
[PR]
by bdnk_wecan | 2010-08-09 16:00 | 冒険体験・視察・研修

ぶどうの樹オリジナル堆肥の作り方

ぶどうの樹の生ゴミ堆肥づくりのやり方をちょっとご説明します。
f0224320_23291846.jpg

f0224320_23295776.jpg
f0224320_23313957.jpg
f0224320_23315064.jpg
f0224320_23323477.jpg
f0224320_2332458.jpg
f0224320_23325414.jpg
f0224320_2333231.jpg
f0224320_23331482.jpg
f0224320_23332249.jpg
f0224320_23333154.jpg
f0224320_23333839.jpg
f0224320_23334713.jpg
f0224320_23335785.jpg


毎日、元気いっぱいです001.gif
[PR]
by bdnk_wecan | 2010-08-08 11:00 | 生ゴミたい肥づくり

はじめまして

みなさん、こんにちは。私は、農業法人「ゆうま」の奥本馨と申します。現在、ぶどうの樹「野の葡萄」グループから出る生ゴミを活用して、堆肥作りにチャレンジしています。

私には息子が二人いまして、これがまた野菜ぎらい007.gif
どうにかして息子に野菜を食べてもらえないかと色々と試行錯誤を重ねて出た答えが
 「生ゴミリサイクル元気野菜&元気人間づくり」です。

NPO法人「大地といのちの会」様の活動や理事長の吉田俊道さんの本などを読ませていただき、その志に賛同いたしました。そして、この岡垣町で「ぼくたちに出来る事」は何だろうと考えに考えに考えぬきながら行動した結果
レストラン、旅館、それに病院等からでる生ゴミを分別して集め、微生物のちからをかりて堆肥をつくり、山土と混ぜ合わせ作物の苗を育てる。また、これをメッセージとして多くの人に伝える。
これが「ぼくたちに出来る事」ではないかと考えるようになりました。

野菜の皮や成長点などには、生きていくために必要な栄養がいっぱい。これらを微生物のごはんに変えて元気な土をよみがえらせるお手伝いを毎日毎日スコップでかき混ぜながら行っています。
現在は、済生会八幡病院さんの350kgと旅館「八幡屋」の350kgの計700kg
濃やかに愛情をかけると、次の日はホッカホッカ058.gifになっています。

吉田俊道さんの本でも書かれているように、これからは「いのちをいただく食生活を実行してゆかなければ」と私も感じています。

『土からの循環の原体験のない人が増えているので、各家庭や子ども達に楽しくておいしい野菜を食べれる「生ゴミリサイクル野菜作り」をもっともっと広げてゆきたい』
『そうしたら命の循環の体験者たちが自信を持って人に伝えるようになり、よりたくさんの方々が命を見分ける消費行動を起こし、次第に地産地消が増え、中小食品製造業が復活し、地元経済も活性化していくはずです。』
私もこの一言に動かされました。

子ども達の脳にまで影響を与える食の大切を改めて感じ、私も、まずは自分が世の中を変える一人になるんだ!あきらめちゃおしまい!の心意気をもって毎日頑張っています003.gif
[PR]
by bdnk_wecan | 2010-08-03 13:00 | 生ゴミたい肥づくり